今春、新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るっており、京都でも徐々に感染者数が増加しております。患者様、デイケアご利用者様、ご家族様、業者様、当院スタッフなどの感染リスクを少しでも低減させるため、当院では以下の予防策を取っております。

皆様に安心してご来院いただけるよう、可能な限りの策を取っていきますのでご参考にしていただけましたら幸いです。また、予防のために患者様にご協力をお願いをすることもございますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

①出入口にアルコール消毒スプレーを設置:来院時に必ず手指消毒をお願いいたします。

 

②受付での非接触型赤外線体温計による検温:ご来院された方全員に実施させていただいております。ご面倒かもしれませんが、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

③次亜塩素酸ナトリウム水溶液による施設消毒:皆様が触れられることの多い個所を重点的に、スタッフがこまめに消毒させていただきます。

 

④こまめな換気を行う:換気により寒さを感じられる場合はご遠慮なくスタッフにお伝えください。

 

⑤内視鏡検査の見合わせ:感染リスクを低減させるため、緊急処置を要する場合以外の内視鏡検査は一旦中止とさせていただきます。

 

⑥スタッフの対策:

 1)マスクを着用する。

 2)患者様毎に必ずアルコールによる手指消毒を行う。必要であれば患者様に接する際に手袋を着用する。頻繁に手洗いを行う。送迎車は毎日数回スタッフにより消毒作業を行う。

 3)発熱やかぜ症状のあるスタッフは、数日~2週間程度を目途に出勤を見合わせる。他府県在住のスタッフについては一時的に出勤を見合わせる。テレワーク可能な職員、また、無症状であっても出勤に不安を感じるスタッフは自宅待機を許可する。

 4)プライベートでも不要不急の外出は控える。宴会や混雑した場所への参加は禁止する。

 5)医療スタッフとして、常に責任と自覚をもった行動を心掛ける。

 

⑥患者様へのお願い:

 1)可能な範囲で結構ですので、マスク着用の上ご来院ください。

 2)発熱や咽頭痛、かぜ症状、味覚や嗅覚異常を感じられる方は、ご来院前に一度ご連絡ください。当院で診察可能か、他病院への受診をお勧めするか、相談者センターなどにご相談いただくかスタッフと医師で検討の上、対応をご説明させていただきます。(電話番号:075-752-0556)

 

                      令和2年4月4日  医療法人社団テイ医院 院長 鄭 哲臣